創業資金のお悩み無料相談受付中!

0120-961-712

受付時間 9:00~18:00(土日祝可)

創業融資専門家コラム

2020.05.23
コロナ融資の融資限度額、返済期間は?通常の公庫融資との比較

日本政策金融公庫で借りられる新型コロナウイルス感染症特別貸付、いわゆるコロナ融資は通常の融資とどう違うのか?

皆さんと情報を共有していきたいと思います。

 

(1)それぞれの最大融資額

   コロナ融資 6,000万円          公庫の一般貸付 4,800万円

  1,200万円ほど違いますが、最大額をもらえるケースは少ないと思います。

 

(2)それぞれの最大返済期間

   コロナ融資  設備資金…20年      公庫の一般貸付  設備資金…10年

          運転資金…15年               運転資金…7年

  このように最大返済期間が倍違います。

  ですが実際に最大期間で申請が通るケースは少なく、最大期間より若干短めで通るケースが多いです。

 

(3)それぞれの最大据え置き期間

  据え置き期間とは、融資の元金を返済せず、利息だけ払うという期間です。元金の返済を遅らせることで資金繰りを良くします。

 

   コロナ融資  設備資金…5年       公庫の一般貸付  設備資金…2年

          運転資金…5年                運転資金…1年

 このように据え置き期間についても、コロナ融資の方が猶予されています。

 ですがこちらも実際は最大の据え置き期間は選択できないケースが多いようです。

 

 このようにコロナ融資に関しては、通常の公庫の融資と比べ、大幅に緩和されています。

 コロナで資金繰りが悪化している事業者の方は、この制度を有効活用し、危機を乗り越えていきましょう。

 

 

 

 

創業資金のお悩み 無料相談受付中!お気軽にお電話ください 無料相談の詳細はコチラ

0120-961-712

受付時間 9:00~18:00(土日祝可)

創業資金調達サポートメニュー
  • 創業融資無料診断 融資のお悩み解決
  • 日本政策金融公庫融資サポート 人気NO.1!オススメの融資
  • 創業融資サポート 専門家を活用して確実に資金調達!
  • 事業計画書作成サポート 銀行対策+事業の航海図に!
創業サポートメニュー
  • 株式会社設立サポート 自社で設立するよりもお得!
  • 合同会社設立サポート 費用を抑えて会社を作れる!
  • 税務顧問サポート 税務ならお任せ!
その他コンテンツメニュー
  • 資金調達の基礎知識はコチラ
  • 「創業融資専門家コラム」はコチラ
  • コンテンツ一覧はコチラ
事務所情報
PAGETOP